画像
画像
画像
画像
画像

学資保険の必要性まとめ

画像

学資保険をずばり一言で表現すると・・・
「もっとも代表的な学費の貯蓄方法」

しかし、最近では定期預金などの別の方法で学費を貯蓄・準備する人が増えています。
この他にも生命保険や個人向け国債など別の選択肢も多々ある中で、学資保険を選ぶメリットはあるのでしょうか?

ここでは、そんな学資保険の必要性についてまとめました。

制的な貯蓄効果

学資保険のメリットの一つとして挙げられるのが、強制的な貯蓄効果があるという点。
自主的に毎月しっかりとお金を貯めていくというのはなかなか難しいものですよね。
予期せぬ減給やボーナスカットなどのリスクを考えると、自主的にこつこつと貯金していくのが難しそう・・・ と考える人も少なくないかと思います。

しかし、学資保険であれば途中解約してしまうと元本割れしてしまうという性質があるので、逆に強制的な貯蓄力になる!
というメリットがある訳です。

こんな人にお奨めPush!

着実に学費を貯めたい人

計画的に貯蓄していくのが苦手な人

回りが良い

学資保険は非常に貯蓄性の高い保険です。
定期積立は現在、金利0.02%~0.2%程度の状況。
毎月10000円をこつこつ18年間積立たとしても、最終的には30000円程度しか利子がありません。

それに対して、学資保険は利回り約110%~120%のものが多いので圧倒的に貯蓄性に優れています。
もちろん、プランや契約者の年齢などによって利回りの変動はありますが、最適なプランを選ぶことができれば、貯蓄性は非常に高いと言えるでしょう。

画像

しかし、種類が多いため、素人が最適なプランを自力で見つけるのは少し難しいかも知れません。
理想的なのはFP(フィナンシャルプランナー)に相談することです。
特に、独立系のフィナンシャルプランナーがお奨めです。

その理由は、独立系であれば複数の保険会社のプランから最適なものを選んでもらえるという点にあります。 保険会社に所属するFPよりも提案の幅が広いのです。

独立系のFPで評判が高いものとしては、保険1番などが挙げられます。

※FP(フィナンシャルプランナー)への相談は基本的に無料です。
詳細はこちらのページでチェックしてみてください。

護者に万一のことがあっても保障がある!

画像

学資保険には契約者である保護者に死亡など万一のことがあっても教育費を確保できるという特徴があります。
ただし、これは生命保険(死亡保険など)でも代用することができます。

万一の時の備えに関しては、
学資保険を選ぶべきか生命保険を選ぶべきか・・・
状況に応じて理想的な選択肢が異なると言えるでしょう。

選び方を間違えてしまうと、無駄なコストが発生してしまうことがあるので、FP(フィナンシャルプランナー)を利用して無駄のないプランを教えてもらいましょう。

特に、この死亡保障との兼ね合いに関しては、専門家に聞くのが最も手軽で確実です。
先述した「保険1番」でも無料で相談することができます。
上手に活用しましょう。

まとめ
matome

・自力で計画的に貯蓄をすすめられる・・・
・なおかつ、万一の際の保障を自力で用意できる・・・

というケースに当てはまる人は、必ずしも学資保険は必要ではないでしょう。 それ以外の人にとっては、学資保険は非常に有意義な保険と言えます。

・確実に貯蓄することができる・・・
・死亡など万一のリスクにも対応できる・・・
この二点が学資保険の最大のメリットです。

ただし、中途解約してしまった場合は元本割れなどのデメリットがあります。
また、万一のリスクに対しては生命保険での対応も可能です。
この点をしっかりカバーする為には、専門家である「保険1番」 などの独立系FP(フィナンシャルプランナー)に相談してプランを検討する必要があります。

画像