画像
画像
画像
画像
画像

保険を見直すメリットについて

・学資保険に貯蓄以外の目的、例えば死亡保障や医療保障などの機能も持たせようと考えている
・現在保険に加入していて、新たに学資保険に加入しようと考えている
これらのケースに当てはまる場合、
現在加入している保険の見なおしをする必要があるかも知れません。

保険見なおしの必要性
Need

画像

人生における出費のなかで保険料が占める割合は意外に多く、マイホーム購入費用に次いで二番目に大きな買い物と言われています。
だからこそ、できるだけ自分に合った保険を選ぶ必要があります。

Check! 時代の変化とともに・・・

時代とともに保険商品自体も変化していますから、新しい保険プランの方が合っている・・・という可能性もあります。

Check! 生活環境の変化とともに・・・

加入している保険を契約した時と現在で何かしらの生活環境の変化があった人は少なくないでしょう。 子供が生まれた・・・家族が増えた・・・
賃貸アパートから持ち家に変わった・・・収入が変わった・・・
これらの変化とともに最適な保険も異なっていきます。

特に収入の変化は重要なポイント。
もし、収入が上下している場合は見なおしを検討するのが得策です。

学資保険の必要性
Need

改めて学資保険の必要性を考えてみましょう。

学資保険が必要になる理由は、ずばり、必ず用意しなくてはならない出費の中で「教育費」が占める割合が大きいということが挙げられます。
子供一人あたりに必要な教育費は約1200万円と言われています。
公立や私立、学部や学科によっては、さらに教育費が必要になります。

これら二つの必要性を考えると、保険がいかに「検討すべきもの」であるかが良くわかります。
保険料をしっかり抑えて、なおかつ必要な分はしっかりサポートしてもらう!
基本中の基本ではありますが、意外にこれが出来ていなくて保険に満足できていない・・・
というケースは多い様です。
だからこそ、改めて自分に適した保険を探す「見なおし」が重要になります。

うやって保険を見なおせば良いの?
画像

ずばり、保険を見直すなら自分で比較・検討するのは時間の無駄です。 やはり、プロである保険の専門家に聞くのが一番です。
保険の専門家と言えば、FP(フィナンシャルプランナー)。
FPを上手に活用して、自分に最適な保険を教えてもらいましょう。

基本的にFPへの相談料は無料です。
※FPは契約になった場合に保険会社から手数料をもらいます。
その為、私たち保険の契約者には費用は発生しないのです。

どんなFPに見なおしを依頼するか・・・

保険の見なおしにはFPは必須!
では、保険の見なおしを成功させるには何がポイントになるのでしょうか?

正解は「優秀なFPを選ぶこと!」
具体的には、独立系のFPを選ぶことがキーポイントになります。
特定の保険会社に所属しておらず、複数の保険会社のプランを扱っているのが「独立系FP」です。
提案できるプランが非常に幅広いのがメリット。
最適なプランを中立の立場から見極めてくれます。

優秀な独立系FPに相談するなら「保険1番」から申し込むのがお奨めです。
全国の優秀なFPと提携していて、無料で保険の相談をすることができます。
もちろん、強引なセールスやしつこい勧誘はありません!
自宅など好きな場所に呼ぶことができるので利便性も高いです。

画像

もし、家に人を呼ぶのはちょっと・・・
ということであれば、ショッピングモールなどにある保険ショップに相談しに行きましょう。
この場合は「マネモ」というサービスで検索・予約するのがお奨めです。