画像
画像
画像
画像
画像

学資保険のおすすめは?

子どもが生まれたら、考えなくてはならないのが将来の教育資金です。
子どもひとり育てていくのに、3000万円かかると言われているほど、子どもに関する養育費や教育費というのは思っている以上に多くの費用が必要となります。
特にまとまった金額が必要となるのは大学進学時です。
国立大学にしても私立大学にしても専門学校にしても、入学金や授業料など、まとまった金額が必要となります。

もしも自宅から通わずに下宿をするとなると、当面の家賃や生活費などの仕送りも必要となってきます。
一般的には、大学進学前までに子どもひとりあたり300万円貯められれば安心であると言われています。
300万円と聞くと、その大きな金額に驚いてしまいますが、子どもが生まれたときから毎月少しずつでも積み立てていけば可能な金額です。

だけど、毎月ちゃんと貯めていけるか心配だという方もいらっしゃると思います。
そんな方におすすめなのが学資保険です。
学資保険とは、子どものために毎月一定の金額を積み立てていき、満期時に積み立てた金額がお祝い金として返ってくるというものです。
半強制的に毎月引き落とされていくため、貯金や積み立てが苦手だという親御さんでも安心して子どものためにお金を貯めることができるのです。

学資保険の内容によっては、支払った金額以上の金額が返ってくることもあります。
魅力な点としては、支払者である保護者に途中で万が一のことがあった場合は、その後の支払いは免除され、満期金額は予定通り受け取ることができるという点です。
これは銀行などの積み立て貯金には無い、学資保険の魅力であると言えます。

数ある保険会社の中でも、特に今人気の学資保険は「アフラック」の「夢みるこどもの学資保険」です。
アフラックの学資保険は支払い金額に対して返戻る率が110%を超えており、更に満期支払い年齢を15歳と18歳の2パターンから選択することができるため、高校進学時か大学進学時かどちらかに必要性を絞ることができるため、顧客ニーズに応えやすいとされています。
この満期金支払いタイミングというものも、進学方法によって重要となってきますから、学資保険選択のポイントとして抑えておくと良いと思います。