画像
画像
画像
画像
画像

保険料払い込み期間にお祝い金のある学資保険はどれ?

子どもの教育資金がもっとも必要となるのは、大学進学時であると言われています。
そのため、各種学資保険は多くの場合が大学入学前を満期の設定にしており、大学の入学金や授業料の支払いに活用できるようになっています。

しかし、まとまった教育資金が必要であるのは、大学入学時だけではありません。
小学校入学時にはランドセルや教材費などがかかります。
中学高校入学時には、教材費の他にも制服代などがかかってきます。
どれも安いものでは無いため、ある程度まとまった金額が必要となります。
そんなときに、お祝い金のある学資保険に加入していると、非常に役立ちます。

お祝い金というのは、小学校入学時や中学校入学時など設定されているときに、お祝い金という形で満期金額とは別に、まとまった金額を受け取ることができるというものです。
お祝い金と言っても、実際は自分が支払ったものの一部が戻ってくるだけなので、得をしているわけではないのですが、何かとお金が必要なタイミングに積み立てた金額の一部が返ってくるのというのは非常にありがたいものです。
そのため、こうしたお祝い金の制度がある学資保険は人気が高いようです。

お祝い金制度が充実している学資保険は色々ありますが、中でも人気なのがフコク生命の「みらいのつばさ」です。
この学資保険は、幼稚園入園時から小学校・中学校・高校・大学入学時はもちろん、成人時や満期の22歳まで、計7回保険金を受け取る機会があります。
魅力的なのが、このお祝い金を受け取らずに据え置きすることができ、据え置きしたお祝い金は必要なときにいつでも引き出すことができるのです。
そのため、高校までのお祝い金は必要ないから、大学入学時にまとめて受け取りたいということや、急な出費のために据え置きしておいていざというときに引き出すという、自由な使い方をすることができるのです。

満期は22歳ですが、払い込みは18歳までであるため、最も出費が多くなる大学在学中の負担を軽減することができます。
どう変わっていくかわからない子どもの進路にも柔軟に対応したいと思っている方には特におすすめの保険です。
また、金運アップのパワーストーンhttp://xn--zck4aza4jwa5cc.biz/を持ってみるのも良いかと思います。