画像
画像
画像
画像
画像

学資保険とこども保険はどこが違うの?

子どもにまつわる保険に「学資保険」と「子ども保険」とがあります。
各保険会社によって、その定義は若干異なるのですが、それぞれの大きな違いというのは何なのでしょうか。

まず、学資保険というのは、子どもの教育費のための資金を積み立てていくことを目的としています。
満期日になると、積み立てた金額が満期金として受け取ることができます。
契約者である親に万が一死亡したり、高度な身体障害を持った場合には、その後の支払いは不要となり、満期金額は変わらず受け取ることができます。
契約内容によっては、満期以外にも小学校入学や中学校入学などの節目にお祝い金を受け取ることができたり、子どもの入院や怪我に対して保険金を受け取ることができるものもあります。

一方、子ども保険というのは、子どもの万が一の怪我や病気、入院、手術などに備えるものであったり、子どもが他人を怪我させたり、人の物を壊したりしたときに保障をしたりということを目的としたものです。
満期日や節目にィ祝い金としてまとまった金額を受け取ることができるものもあります。

一見すると、学資保険も子ども保険も似たような内容に思えますね。
しかし、学資保険は教育資金の貯蓄を主に目的としたもの、子ども保険は子どもに関わる医療や保障を目的としたものというように、主となる目的が異なっています。
ですが、最近ではこの定義も曖昧となっており、保険の名称だけでは差別ができなくなってきました。
したがって、保険の名称だけで判断せず、保険内容まできちんと確認しておくことが必要となります。

学資保険で人気が高いとされているのは、アフラックの「夢みる子どもの学資保険」です。
こちらは支払い金額に対して戻ってくる金額が多くなるということと、満期年齢を15歳と18歳と2パターンから選択することができるということで、個人の進学スタイルに応じた加入の仕方ができるということが魅力です。

子ども保険でオススメなのが、コープ共済の「ジュニア18コース」というものです。
こちらは月々1,000円という低価格で、病気や怪我による入院や通院が1日目から保障され、さらに月額保険料にプラス170円で個人賠償責任保険を付帯することができるのです。
こちらは、お子さんが他人の車にキズをつけたり、他人の家のガラスを割ったりしたときなどに、賠償金額を保障してくれるというものです。
低価格で内容が充実しているので人気が高いようです

▼また、お子様を持つ方には安心安全なミネラルウォーターをおすすめしています。
こちらのサイトでは詳しく書いてますので、是非ご覧ください。