画像
画像
画像
画像
画像

万が一子どもが亡くなった場合の学資保険は?

学資保険に加入するときというのは、子どもの将来のことを考えて加入しているはずなので、子どもに起こる万が一のことを考慮しているという方はほとんどいないと思います。
考えたくもありませんしね。
しかし予備知識として、被保険者である子どもが亡くなった場合、その子どもにかけてある学資保険はどうなるのかということは、頭の隅に置いておいても無駄では無いと思います。

子どもが亡くなった場合の学資保険の対応は、その学資保険の契約内容に、子どもの死亡保障というものが付いているのかということで異なります。
子どもの死亡保障というのは、保険会社によって特約として付加できるものがあり、付加されている場合は、子どもの死亡時に定められた死亡保険金が支払われることになります。
教育資金としての保険金は、契約内容によって満額受け取ることができたり、死亡時期によって満期保険金の何%が受ッ取れるなどという形で定められています。

こうした死亡保障をはじめとした保障(入院保障など)を付加すると、その分払い込んだ金額よりも戻ってくる満期金額が少なくなるようになっています。
そのため、貯蓄性を重視している場合には余分な保障は付けないようにしたほうが良いと思います。
そして何より、子どもの将来のための学資保険ですから、子どもが亡くなったときの保険金などは考慮する必要は全くないと思います。

ちなみに、死亡保障のついていない学資保険の場合は、基本的にはこれまでに支払った保険料が払い戻されるようになっています。
保険会社によっては異なることもあるので、念のため保険の規約に目を通しておくと良いでしょう。

余計な保障が付いていないシンプルな内容で、返戻率が高い学資保険として人気が高いのがソニー生命の「学資保険スクエア」です。
この学資保険は、満期金額を50万円から1000万円の間で10万円単位で自由に設定することができるため、少額からでも気軽に始めることができたり、家庭状況に応じてカスタマイズできたりするという点が魅力のひとつです。

ライフプランナーが、親身になって相談に乗ってくれ、相談場所も自宅や自宅以外のカフェなど都合の良い場所で行うことができるので、忙しい方や自宅を使いたくないという方でも安心して相談することができます。
実際、このライフプランナーさんに色々親身に相談に乗ってもらって、保険に関する悩みが解決したという顧客も多いようで、評判も良いようです。