画像
画像
画像
画像
画像

離婚した後の学資保険はどちらが支払うのか?

夫婦が離婚した場合、財産分与が行われます。
財産分与というのは、預金や持ち家などだけでなく、加入している保険も対象となります。
そのため、子どものための学資保険とはいえ、これも財産分与をするとして考えなくてはなりません。
学資保険は、契約者は父親で、被保険者はその子どもであるパターンが多いのですが、離婚していたとしても父親に万が一のことがあった場合は、子どもが給付金を受け取れるようになっています。
しかし、離婚することで双方の生活水準が下がるために、離婚に伴って学資保険も解約してしまうというパターンが多いようです。
それでも子どもの将来のことを考えて加入した保険ですから、できることなら継続できると良いですよね。

離婚後も学資保険を継続する場合、子どもの親権がどちらになるのかということによって、学資保険の契約者を考え直すことが必要です。
離婚後、保険証券を母親が持っていても、契約者が父親のままである場合は、契約者でないと保険金の請求手続きなどができません。
離婚することによって、自動的に契約者が変わるということはありませんので、必ず保険会社に契約内容変更の手続きをとる必要があります。

保険料の支払いに関しては、夫婦間で話し合うことが必要です。
例えば、母親に親権があり、契約者も母親に名義変更をするのですが、養育費の一部ということで親権を渡した父親が保険料を支払うというパターンもあります。
このあたりは後々のトラuルが無いように、双方が納得いくまできちんと話し合いをすることが大切です。

学資保険が家計を圧迫してしまうパターンが意外と多いようです。
将来のための学資保険ですが、今の暮らしが厳しくなるようでは加入するメリットは低くなってしまいますね。
そんな方におすすめなのが、少額からでも始められるソニー生命の「学資保険スクエア」です。
満期金額を50万円から1000万円までの間で10万円単位で設定することができるため、現在の家庭の経済状況に合わせた保険プランを作ることができます。
生活にゆとりが出てきたら、追加で加入することも可能となっています。

たとえば最初は満期金額50万円から始め、あとから追加で満期金額を100万円プラスするということができるのです。
計画的に貯蓄を考えることができるため、若いご夫婦や給与が安定していないご家庭などでも安心して加入することができます。