画像
画像
画像
画像
画像

児童手当と学資保険を使った教育資金調達の方法

子育て世帯に対して国から支払われる支援金である児童手当。
2012年4月の時点の政策では、中学生以下の子どもがいる世帯に支払われるということになっています。
金額は、所得制限に引っ掛からなければ、3歳未満までは1人につき1万5000円。
3歳から小学生までの第2子までは1万円、第3子以降は1万5000円。
中学生は1万円の支給がされます。

この児童手当ですが、皆さんのご家庭ではどのように使われる予定でしょうか?
家族の生活費?子どもの習い事代?
色々と用途は考えられますが、これを使ってしまわずに貯めていけば結構な金額になることをご存知でしょうか?
単純に計算すると、子ども1人につき200万円弱、第3子以降に関しては約250万円の金額が児童手当だけでいただけるということになるのです。

この児童手当、いつの間にか通帳に振り込まれるお金であるために、家計の中で用途が曖昧になってしまっている家庭も多いようなのです。
せっかくこれほどの大きな金額になる児童手当なのに、それでは非常に勿体ないです。
とはいっても、児童手当が入ったらすぐに引き出して貯蓄口座へ回すというのも結構面倒ですよね。

そんな方にオススメなのが学資保険に加入するという方法です。
学資保険の引き落とし口座を、児童手当の支給口座に設定しておけば、自動的に児童手当を学資保険にあてがうことができるというわけです。
学資保険は早くから加入しておけば、多くの保険会社で月々の支払金額が1万円前後であるところが多いため、児童手当で充分にまかなうことができます。
児童手当をついつい使ってしまいそうで不安だという方は、ぜひその方法で児童手当を有効に貯蓄できるようにしてみてはいかがでしょうか。

貯蓄性が高いとしておすすめである学資保険がソニー生命の「学資保険スクエア」です。
こちらはシンプルな保障内容であるために、返戻率が高く、確実に教育資金を増やすことができるのです。
また、自分で月々の支払金額を自由に設定できるため、家庭にとって無理の無い学資保険を自分でオーダーメイドすることが可能なのです。
ですから、月々の支払金額を児童手当でもらえる1万円として設定しておけば、児童手当を確実ノ教育資金に回すことができるということになるのです。