画像
画像
画像
画像
画像

学資保険の基礎のキソ知識

「子どもが生まれたら学資保険を」と言われたことはありませんか?
だけど学資保険ってよくわからない・・・そんな方のために、学資保険初心者の方でもわかる、学資保険の基礎知識をご紹介します。

子どもを育てていく上で欠かせないのが教育費です。
教育費の中でも、もっともまとまった大きな金額が必要となるのが、大学や専門学校に進学する高校卒業時であると言われています。
大学1年目に入学金や授業料を支払うのに、300万円ほど貯めていれば、とりあえず何とかなると言われており、高校卒業までに300万円貯めるというのはひとつの目安であるとされています。
子どもが生まれた頃から、毎月コツコツ貯めていくことができれば良いのですが、どうも貯蓄していくということが苦手だという方にオススメなのが学資保険なのです。
また、学資保険はクレジットカードは使えるのでしょうか。詳しくはhttp://xn--t8j4aa4n2hxa7duezbl49aqg1546e264d.com/を参考に是非ご覧ください。
学資保険は、高校卒業の18歳を目安に満期時期が設定されており、それまで毎月半強制的に指定の口座から学資保険の保険料が引き落とされていきます。
そのため、確実に子どもの教育資金を貯めていくことができるのです。
また、保険という側面では、契約者である親に万が一のことがあった場合、その後の支払いが免除されるというメリットがあります。
もちろん、支払いが免除されても設定されている満期金額はしっかりと受け取ることができます。
そのため、子どもが独立するまで教育資金を備えておきたいと思う方が利用するということも多いようです。

学資保険の中には、払い込んだ金額よりも多くの金額が満期金額として戻ってくるものがあります。
これは貯蓄型の学資保険といって、シンプルな保障内容に絞って、教育資金を確実に貯めていくことだけを目的としているものです。
一方、保障型の学資保険というものがあり、これは学資保険に子どもの入院保障などの別の保障を付加して、保障内容を充実されたものです。
保障が充実している分、払い込んだ金額よりも受け取れる金額は少なくなってしまいます。
貯蓄型と保障型、どちらが良いのかというのは、学資保険に求める目的によって異なるのです。

数ある学資保険の中でも、特に人気の高い学資保険は「フコク生命」の「みらいのつばさ」という商品です。
貯蓄性が高く、子どもの成長に合わせて小学校入学時や中学校入学時などにお祝い金として一時金を受け取ることができます。
そのお祝い金を受け取らずに据え置いておき、必要なときに引き出すということも可能なので、子どもの進路選択や、急な留学などに柔軟に対応することができるため、人気が高いようです。
気になる方は、一度資料請求だけでもしてみてはいかがでしょうか。
学資保険もタイプによっては一種の投資みたいなものです。
資産を銀行に預けているだけでは、今の低金利ではなかなか増えません。
そこで、おすすめの投資方法として紹介したいのがFXhttp://xn--fx-gh4am7z5bb8557ddz8bps5d85o.com/です。
FXは24時間いつでも取引でき、資金も少額から始められるので、自分の状況に合わせることができます。
この機会に是非有効な資産運用について考えてみてはいかがでしょうか。