画像
画像
画像
画像
画像

子どもが生まれたらすぐに学資保険に入ったほうがいいのか

子どもが生まれたら、なるべく早い段階で学資保険を検討した方が良いという話を聞いたことはありませんか?
なぜかというと、加入が早ければ早いほど、月々の支払金額を少なくすることができるため、負担が少なくなるからです。
また、加入が遅くなると、その分支払い期間が短くなり、積立配当金が少なくなってしまい、返戻率が低くなってしまうのです。
ですから、特に貯蓄を目的として学資保険への加入を検討しているのであれば、子どもが生まれたらなるべく早く保険の相談をすると良いかと思います。
余裕があれば、出産前にいくつかの保険会社の資料を請求したり相談したりして、候補を上げておくと良いでしょう。

ちなみに、加入年齢の上限は、保険会社によっても異なるのですが、多くの場合が小学校入学前に設定されているところが多いようです。
しかし、できることなら幼稚園や保育園に入園する前には加入を済ませておくと良いと思います。
というのも、幼稚園や保育園は、保育料が家計の負担になることが多いため、その頃に学資保険を始めようと思うのは家計にとって非常に大きな負担となってしまうからです。

6歳まで加入できる学資保険に、0歳から加入するのと、6歳に加入するのとでは、払い込み期間に6年もの差があるため、当然月々の支払金額にも大きく影響してきます。
0歳代から加入すれば、月々1万円以下で加入できる学資保険がたくさんありますから、そのことを考慮しても、やはり早く加入することのメリットは大きいと言えます。

フコク生命の「みらいのつばさ」は、出産予定日の140日前から契約をすることができます。
ですから、出産後のバタバタしているときに契約手続きを行ったりするリスクが無いために、非常にオススメです。

また、「みらいのつばさ」では「フコク赤ちゃんクラブ」という無料で加入できる会員制のクラブがあり、特別優待割引や、子育て支援情報などのお得な情報を沢山受けることができるものがあります。
まだ子どもがお腹にいる状態でも、保険に加入さえしていれば入会することができるので、そういった特典を目的に早めに加入するというのも良いと思いますよ。 また、お子様が七五三の年齢の場合にはhttp://xn--7gqm03b.org/を参考にご覧ください。