画像
画像
画像
画像
画像

学資保険と生命保険の違い

学資保険というのは、契約者である親に万が一のことがあった場合に、その後の支払いが不要となり、更に満期金額は受け取ることができるというものです。
そのため、生命保険と同じものであると考えてみえる方も多いようです。
確かに生命保険と似た側面を持っているのですが、学資保険と生命保険とでは加入する目的が異なるのです。
どういうことなのでしょうか。

まず、学資保険の特徴としては、前述したように親が契約者となり、子どもが被保険者ということになります。
そのため、生ス保険に比べると保険料が安く設定されています。
そして契約者の親に万が一のことがあった場合は、保険料の支払いは免除され、設定していたお祝い金や満期金は全て受け取ることができます。

一方、生命保険は被保険者が死亡したときのことを考慮して加入することになります。
多くの場合は一家の家計を支えている親が、残された家族のことを考えて保険をかけるという形をとります。
被保険者が死亡したときのみ、設定されている保険料が残された家族に支払われます。

つまり、学資保険は教育資金を貯めることを目的としているため、支払った分の金額は必ず受け取ることができます。
生命保険は、被保険者が死亡したときのみ保険金が受け取れるため、健在であった場合はずっと受け取ることができません。
このことから、生命保険というのは残された家族の今後の生活を中心として考えられたものであるため、必要な教育資金とはまた別の問題となってくるのです。

教育資金を学資保険という形で貯めるのであれば、支払った金額よりも多くの金額を受け取ることができるよう、返戻率が高い保険を選ぶことが大切です。
返戻率の高さで定評がある学資保険は、ソニー生命の「学資保険スクエア」です。
こちらは保障の内容がシンプルであるため、その分高い返戻率を実現することができるのです。
満期年齢や支払い方法の選択幅も広いため、自身のライフスタイルや進路に合わせた保険の利用ができるようになっています。

また、満期金額も50万円から1000万円の中で10万円単位で自由に設定することができるため、少額でも良いから子どものために積み立ててあげたいと思っている方でも気軽に利用することができます。
家族の経済状況や希望進路に合わせた学資保険を探しているという方には、特にオススメですよ。