画像
画像
画像
画像
画像

妊娠中に学資保険に入ることのメリット

最近の学資保険には、子どもが生まれる前から加入することができるという学資保険も増えてきています。
「学資保険なんて、子どもが生まれてからでいいじゃないか」と思われる方もいるでしょう。
しかし考えてもみてください。

学資保険を検討するときというのは、色々な保険会社から資料を取り寄せたり、プランナーさんから話を聞いたりと、意外と大変なものです。
産後は、想像している以上に忙しく、夜中でも2・3時間置きに赤ちゃんのお世話をしたりして、睡眠不足が続き、外出もままならないような日々が続きます。
そんな中で、果たして学資保険の検討をする時間なんて確保できると思いますか?
ですから、学資保険を加入するつもりでいるのであれば、保険会社の検討は、出産前から行っておくことが大切なのです。

また、出産前に加入しておくということには他にも大きなメリットがあります。
それは、出産前であっても学資保険が持つ保障はスタートしているということです。
子どもがお腹にいる間に、契約者である父親に万が一のことが無いとも限りません。
そんなことがあったとしても、契約がされていれば保険料の支払いは免除され、その後の一時金や満期金は予定通り受け取ることができるのです。
万が一、お子さんが流産してしまったり死産してしまったりした場合でも、契約自体が無効となって、支払った保険料は手元に戻ってくるので、出産前に加入するということに負担は何もありません。

中でも、フコク生命の「みらいのつばさ」は、出産予定の140日前から加入することができます。
140日前というと、ちょうど妊娠6カ月頃にあたります。
スくの方は悪阻も落ち着き、お腹もそこまで大きくなっていないため、まだ動きやすい状態ですから、契約のために動くこともそれほど苦ではないと思います。

「みらいのつばさ」は、子どもの節目節目にお祝い金として一時金が出るようになっています。
また、そのお祝い金を受け取らずに据え置きし、必要なときにいつでも受け取ることができるようにもなっているため、子どもの進路や状況に柔軟に対応することができるのが魅力の学資保険です。
人気も高い保険ですから、出産を控えているという方は、一度出産前加入を検討してみてはいかがでしょうか

また、学資保険を払ってくれたお母さんの為に母の日http://xn--u9jv32ntyd.ws/などは特別な一日してあげることをおすすめします。