画像
画像
画像
画像
画像

学資保険は月払いと年払いのどちらが得か

学資保険の支払い方法で、月払いと年払いを選ぶことができる保険会社があります。
月払いと年払いとでは、年払いの方が若干金額が安くなるため、一見年払いの方がお得であると思われます。
しかし、本当に年払いの方がお得なのでしょうか。

これは学資保険に求める考え方の違いにもよります。
学資保険は、子どもの教育資金を貯めるための手段のひとつですが、同時に契約者である親が死亡した際の保障も兼ねている生命保険としての役割も果たしています。
そのため、年払いにした場合はトータルで支払う保険料が安くなるために、貯蓄性としては月払いにした場合と比べて断然お得にはなります。
しかし、生命保険としての機能を考えると、不利になってしまいます。

どういうことなのかというと、加入中に契約者である親が死亡した場合、それ以降の支払いはしなくて良くなるのですが、年払いの場合はすでにその年の保険料は支払ってしまっています。
そのため、翌年からの支払いが免除されることになります。
一方で月払いの場合は、翌月からの支払いが免除されることになるため、最大で年払いと比べて11カ月分の支払いの差が出るということになるのです。

いつ、誰に何が起こるのかということは誰にも予測が付けられないので、非常に難しいところなのですが、学資保険に貯蓄性を求めるのか、保障を求めるのかということでどちらの支払い方法が良いのかということは異なってくるということです。

払い込みの方法を自由に選べる学資保険としては、フコク生命の「みらいのつばさ」がおすすめです。
みらいのつばさの払い込み方法は様々で、口座振替の場合は月払い、半年払い、年払いから選ぶとができ、振込用紙からの振込の場合は半年払い、年払いから選ぶことができます。
自分のライフスタイルや目的から、このように支払い方法の選択が多いということは、魅力のひとつではないかと思います。

また、みらいのつばさでは子どもの成長に合わせて、好きなタイミングで祝い金を受け取ることができるプランが用意されています。
急な留学や専門学校への入学など、予測できない子どもの進路に柔軟に対応することができるため、非常に人気が高いようです。