画像
画像
画像
画像
画像

学資保険の名義は夫婦どちらが良いのか

学資保険の契約をする場合、被保険者は子どもになりますが、契約者は親である妻か夫のどちらかになります。
学資保険は、保険の契約者に万が一のことがあった場合に、子どもの教育資金を保障するという目的のものですから、一家の家計を支えている人が契約者とするのが良いでしょう。
そう考えると、多くの家庭では夫が契約者になる場合が多いと思います。
しかし最近では妻がバリバリ働いていて、夫に負けないくらい稼いでいるという場合もありますから、そういった場合は妻名義でも問題は無いと思います。

また、万が一夫婦が離婚をした場合、親権者が妻になるパターンが多いということを考慮して、契約者を妻にするという考え方もあります。
というのも、契約者でないと保険金の請求をすることができないからです。
離婚後も、父親が契約者のままであると、たとえ妻が保険証券を所持していたとしても契約者の父親でなければ手続きをすることができません。
子どもに支払われるはずの給付金が、離婚した相手のところに支払われてしまうということもあります。
もちろん、途中で契約者名義の変更をすることは可能ですが、そういったトラブルのことを考慮して、契約者を妻にしておくという考え方もあるということを覚えておくと良いかもしれませんね。

契約者の名義変更であったり、契約内容の見直し、加入する学資保険の内容の相談などを親身になって対応してくれるということで、口コミでも評判が良いのがフコク生命の「みらいのつばさ」です。
学資保険以外のことでも親身に相談に乗ってくれたり、押し売りのようなものも無かったりと、会社としての信頼性が非常に高いということで、利用者からの評判がとても高い保険会社です。
契約者アフターサービスとして、各種イベントや割引チケットなどの情報を定期的に配信したりと、契約後のサービスも充実しているようです。
返戻率も高く、兄弟がいる場合は兄弟割引という制度も設けられているため、よりお得に加入することができ、おすすめです。