画像
画像
画像
画像
画像

学資保険、子どもの保険どこまで必要?

子どもが生まれたら、子どもに関する保険を考えたり見直したりする必要があるという話、聞いたことありませんか?
子どもに関する保険として多くの方が思い浮かぶのが、学資保険です。
学資保険というのは、子どもの教育費を貯めていくことを目的とした生命保険の一種です。
毎月一定の金額を支払い、満期時に払い込んだ金額の中から定められた金額が戻ってくるというものです。

被保険者は子どもで、契約者はその親となります。
契約者である親に万が一のことがあった場合、その後の保険料の支払いは不要となり、定められた満期保険料や一時金は全て受け取れるようになっています。
保険の種類によっては、払い込んだ金額よりも多い金額が戻ってくる、貯蓄性が高いものもあり、そういったものは特に人気があります。

学資保険の中には、子どもの怪我や病気による入院・通院に対して保険金が出るというものもあります。
また、子どもが万が一死亡したときや重度の身体障害になったときに、保険金が出るものもあります。
学資保険とは別で、そういった子どもに関する保険商品は様々なものが販売されており、子どもに関する保険や保障はどこまで準備すれば良いのかと悩む方もみえると思います。
実際のところは、子どもの保険はどうすれば良いのでしょうか。

まず、子どもの死亡保障に関しては、ほとんどの場合が必要無いと考えられます。
死亡保障というのは、本人が死亡したときに残された家族に支払われるものです。
一家を支える親が死亡したときに、残された子どものためにお金を残したいというときに必要なものであるという認識であるため、子どもの死亡保障はまず考える必要は無いと思います。

入院保障や手術保障など医療に関するものは、自治体によっては子どもの医療費が一定の年齢までは免除されたり一部負担してくれたりするところもあるため、医療費に関する負担もそれほど心配することはありません。
しかし、医療費を負担してくれる年齢を越えてしまった後に不安だという場合や、医療費以外にかかってくる通院費や付添人の差額のベッド代や食事代などが心配だという場合には、医療に関する保障をつけても良いと思います。

子どものことで不安があるという項目に関しては、保障を付加したり保険に加入したりすれば良いと思いますが、家計を圧迫してまで絶対に加入しなければいけないというものはありません。
むしろ優先すべきは子どもより親の生命保険であり、そちらをまず重視した上で、余裕があるのであれば子どもの医療保険などを検討するべきであると思います。

学資保険に色々な保障を付加できる保険で人気なのは「かんぽ生命」の学資保険です。
かんぽ生命の学資保険は、満期年齢を15歳・18歳・22歳から選ぶことができ、また満期保険金額も50万円から500万円の間で選ぶことができるため、自分の家庭に合った保険をカスタマイズすることができるのです。
特約として怪我や病気による入院保障を付加することができ、日帰り入院を含む入院1日目から保険金を保障してくれるため、人気が高いようです。

▼また、お子様を持つ方には安心安全なミネラルウォーターをおすすめしています。
こちらのサイトでは詳しく書いてますので、是非ご覧ください。