画像
画像
画像
画像
画像

災害によって一時的に学資保険の保険料が支払えなくなったときは?

日本は自然災害が多い国です。
これまでも地震や台風など、様々な自然災害に合ってきました。
災害に合ってしまった場合、生活をしていくだけでもやっとであるのに、学資保険をはじめとした保険料などの支払いなんてしていられない(というか、考えてもいられない)ということがほとんどではないかと思います。
そういった場合を考慮して、多くの保険会社では災害などで一時的に保険料が支払うことができなくなった場合の措置がとられています。
いざというときには、そんなことを調べたり考えたりする余裕は無いと思いますから、ここで予備知識として頭に入れておいてくださいね。

災害で保険料の払い込みが困難になった場合、基本的には保険会社に申し出をすることで、保険料の支払いを猶予することができるようになっています。
猶予の期間は、保険会社などによっても異なるので、申し出のときに尋ねるようにしましょう。
事前の申し出ができなかったという場合でも、保険会社が融通を効かせてくれる場合が多いので、落ち着いてから連絡をとるようにしましょう。
猶予期間中であっても、保険による保障は継続されているため、安心してください。

猶予期間中の保険料というのは、免除されるわけではありません。
そのため、猶予期間中もしくは猶予期間後に別途に、猶予期間中の保険料を支払う必要があります。
猶予期間が過ぎてしまい、その後も保険料の支払いがされないままになると、保険が失効もしくは自動貸付制度が適用されることになります。
自動貸付制度というのは、解約払い戻し金がある保険に適用されるもので、保険料を貸付という形で立て替えてくれるものです。
一定の期間は、保険期間を継続してくれるのですが、早い段階で保険会社に相談をしたり契約を見直したりする必要があります。

フコク生命は、災害後のボランティアや支援を活動的に行っており、また災害に合われた保険加入者に対する対応も親身なものであるため、安心して加入できる保険会社であると言えます。
フコク生命で取り扱っている学資保険の「みらいのつばさ」は、貯蓄性が高く、また一時金の受け取り方法を自由に選ぶことができるようになっているため、子どもの進路選択や急な留学などのイベントに、柔軟に対応できるようになっています。
出産予定の140日前から加入することができるため、産後の慌ただしいときに契約準備などを行わなくても良いため、子どもが生まれる前から学資保険を検討しているという方には特にオススメですよ。 また、学資保険はクレジットカードを使うことが出来るのでしょうか。詳しくはhttp://xn--lckh1a7bzah4vue9565aftvb.biz/