画像
画像
画像
画像
画像

学資保険だけで教育資金は足りるのか

子どもの将来のために、子どもが生まれたときから学資保険に加入しているというご家庭も多いのではないかと思います。
学資保険に加入しているから、子どもの教育資金に関しては安心だと思っている方、それはちょっと間違っています。

学資保険で積み立てられる金額というのは、多くの場合が200万円から300万円となっています。
しかし、大学生活に必要な入学金や授業料というのは、国公立で200万円以上、私立だと400万円以上必要であると言われています。
これにプラスして、下宿する場合はその家賃や生活費などもかかってきますし、その他にも色々と必要な費用があると思います。
そう考えると、残念ながら学資保険で受け取れる金額だけで大学費用をまかなうことはできないと考えてよいでしょう。

ですが、一気にまとめてその金額が必要となるわけではありません。
一番まとまった金額が必要となる入学時に、学資保険で貯めた資金が手元にあるというのは、非常に助かるのではないかと思います。
その後にかかってくる費用に関しては、大学に通わせながら貯めたり、教育ローンを使用したり、本人に頑張らせて奨学金を利用したり、バイト代を一部入れさせるなど、色々方法はあると思います。
もし可能であるなら、学資保険とは別に、ほんの少しずつでも良いので大学生活のために貯金を積み立てていくと更に安心かもしれませんね。

貯蓄目的で学資保険に加入するのであれば、ソニー生命の「学資保険スクエア」がおすすめです。
ソニー生命の学資保険は、払い込んだ金額よりも多くの金額が受け取ることができるため、貯蓄性の高さに定評があります。
また、満期年齢を17歳・18歳・20歳・22歳の4つから選択することができるため、早生まれの子であっても入学準備に充分間に合うように受け取ることができます。
20歳・22歳満期を選択すれば、大学院に進学を考えている方でも安心です。

支払い方法や満期時の金額も自由に選ぶことができるため、個人のプランに合わせた自由な保険を作ることができるのです。
試算や相談はネット上で無料で気軽に受けることができるので、気になる方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。