画像
画像
画像
画像
画像

学資保険の保険料はどれくらいが相場なのか

学資保険の満期時に支払われる保険料というのは、保険会社や、保険の種類によっても異なります。
しかし、だいたいの相場というのは決まっており、100万円から300万円の間で設定されているところが多いようです。
なぜこのような金額が多いのかというと、大学進学時までに子ども1人につき300万円ほどの教育資金が準備できていると、大学の費用の支払いが劇的に楽になると言われているからです。

大学に入学する1年目というのは、最も多くの費用が必要だと言われています。
入学金や授業料はもちろん、下宿などをする場合にはその引っ越し費用や家具家電の新調など、様々なことに費用がかかってきます。
そのため、大学進学するまでに教育資金を300万円貯めるというのは、ひとつの目安となっているのです。
また、学資保険は、クレジットカードは使えるのでしょうか。詳しくはhttp://xn--lckeeg1b4d9aj20aya7fb6i8859bub9d.com/

学資保険の中には、トータルの受取金額は300万円でも、小学校・中学校・高校入学時にお祝い金として5万円や10万円が支払われるというタイプの保険もあります。
その場合は、大学進学時に受け取れる金額も、満期金額からお祝い金を差し引いた金額となるため、注意が必要です。
小学校や中学校、高校に入学するときというのも、制服代金や教材代金など、何かと費用がかかってきます。
そのため、学資保険でお祝い金が受け取れるタイプのものも非常に人気が高いようです。

学資保険の中でも入園・入学時などの費用がかさむ時期にお祝い金が受け取れるものとして人気が高いのが、フコク生命の「みらいのつばさ」です。
この学資保険は、幼稚園入園と小学校入学のときは5万円、中学校と高校入学時には10万円、大学入学時には70怏~、そして20歳の成人のときに10万円と、22歳の満期時に100万円受け取ることができるようになっています。
保険料の払い込みは大学入学前の18歳までに終了するため、最も費用がかかってくる大学以降に払い込みが必要なくなるため、効率よく積み立てをすることができます。

また、お祝い金を据え置きにして、必要なときにいつでも引き出すことができるというのも人気のポイントです。
そのため、大学入学時に重点を置いたり、急な留学などの出費に据え置いていたお祝い金をあてがったりすることができるので、子どもの進路に柔軟に対応することができるのです。
子どものためにとりあえずお金を貯めておいてあげたいと思っている方には、特におすすめですよ。
また、パワーストーンhttp://xn--zck4aza4jwa5cc7473eo9vai7b426h.com/を持って金運を上げましょう。