画像
画像
画像
画像
画像

学資保険は兄弟で同じ保険に入るのが良い?

お子さんが何人かみえる場合、お子さんそれぞれに学資保険を掛けているというご家庭も多いのではないかと思います。
むしろ、教育費の管理や貯蓄の大変さを考えると、それぞれに学資保険を掛けて管理するという方法は非常に勝手が良いためにオススメです。
学資保険を取り扱っている保険会社は色々とあるのですが、兄弟それぞれ違う保険会社に加入するというのは、どうなのでしょうか?
また、逆に同カ保険会社に加入するということのメリットは何なのでしょうか?

保険会社は色々ありますし、また年々色々な種類の保険商品も誕生しています。
1人目のお子さんのときには無かったような、魅力的な保険商品が2人目のお子さんのときには誕生したということもあるでしょう。
そういった場合は、特に気にせず兄弟で別々の保険に加入しても良いと思います。

唯一デメリットがあるとすれば、保険の管理が少し大変になるということです。
同じ保険会社の同じ商品であれば、保険の見直しや管理が一括で行うことができるために楽になります。
しかし、違う保険会社であると、契約内容や商品の内容なども異なってくるために、しっかりと把握しておかなければごっちゃになってしまうこともあるので、注意が必要です。

一方、同じ保険会社に加入することのメリットとしては、前述したように保険の管理や見直しがしやすいという点です。
1人目のお子さんが加入しているということであれば、2人目以降のお子さんの契約内容も決めやすいですし、目安にもなると思います。

また、保険会社によっては兄弟で加入することによって兄弟割引というものが適用される場合があります。
兄弟割引が適用されることで、月々の支払いが若干安くなるため、非常にお得に加入することができます。
兄弟が多いというご家庭は、ぜひそういった保険会社を選択されると良いと思います。

兄弟割引を実施している保険会社としてはフコク生命の「みらいのつばさ」が有名です。
こちらは、1人目のお子さんが「みらいのつばさ」に加入していた場合、2人目以降のお子さんの保険料に兄弟割引が適用されるという形になります。
兄弟割引の適用には、契約者が同一人物でなければならない等の条件があるため、一度確認しておくと良いでしょう。
フコク生命は貯蓄性が高く、返戻率が高いということで定評があるため、確実に教育資金を増やしたいと思っている方にオススメですよ。