画像
画像
画像
画像
画像

子供のための学資保険は何歳から必要なのか

私たち夫婦には去年、待望の子供が誕生しました。

子供が生まれるまでは将来の教育費のことなどは、あまり具体的には考えていませんでした。

でも、子供が生まれたことをきっかけに、主人の生命保険を見直していた時のことでした。

担当の保険の方に、子供が大学を卒業するまでにかかる教育費の平均額は1000万円であると教えてくれました。

公立に通わせるか、私立に通わせるかでも大きく変わってくるのですが、どちらにしても4年生の大学に通うとなると、大学だけで大きな教育費が必要となります。

この話を聞いて、改めて子供がきちんと自分の進みたい道に進んで教育が受けられるようにお金をためておかなければならないと感じました。

そして、学資保険の存在を知りました。

学資保険は積立貯金のような保険です。

実際に積み立てたお金よりも少し多めのお金が受け取れるというのが最大のメリットです。

さらに、小学校、中学校、高校、大学などの入学などのお金が必要となるときに受け取ることができるのです。

この学資保険は何歳から入るのが良いのかわからなかったのですが、調べた結果、なるべく早い段階で加入しておいたほうが良いとのことでした。

会社によって違うのですが、親の年齢、子供の年齢によって月々の保険料が変わるのです。

いずれにしても、若い方が保険料が安くなるので、早めに加入しておいたほうが良いということです。

貯金はしようと思っていても、なかなか貯まらないものです。

かなり強い意志がなければやはり難しいので、それならば強制的に貯めていくしかありません。

必ず必要になる教育費なので、産まれたらすぐに強制的にためていけるように学資保険は必要だと感じました。

そして、我が家も生後4か月の時に加入しました。

満額が300万円のものに加入したのですが、加入時期が早かったので、月々の保険料も家計に負担をかけない程度になっています。

この学資保険があるおかげで、将来の教育費はある程度確保できます。

子供のために学資保険は加入しておくべきものです。