画像
画像
画像
画像
画像

母子家庭だった頃、学資保険に加入しました。

私は昨年の春までシングルマザーでした。

6年間くらい、娘と2人の母子家庭でした。

幸い、素敵な人と出会い、娘のことも大切にしてくれるので再婚して今は3人で暮らしていますが、シングルマザーになってからは色々大変でした。

保育園児を抱えての離婚でしたし、慰謝料や養育費がもらえなかったこともあり、お金の不安はいつもありました。

実家に身を寄せることができましたので、毎日のごはんに困ると言うことはなかったのですが、実家に住めると言うことは、一人親としての手当ても受けられないと言うことになりました。

もちろん、ケースバイケースだと思うのですが、私の場合はそうでした。

毎日働いて暮らしてこれましたが、子供はどんどん大きくなります。

成長はとても嬉しいのですが、教育費がかかるようになってくるということでもあります。

義務教育中はいいのですが、高校や大学へ行く時期までには、ある程度大きな金額が必要となります。

そこで、色々調べた私は、学資保険に入ろうと決めました。

当時、既に娘は8歳。

ほとんどの方は出産後まもなく加入を検討されているはずの保険です。

なかなかいいものを見つけるのは大変でした。

既に加入資格がないものがほとんどだったのです。

しかし、やっとのことで加入できるものを見つけ、それを一時払いしました。

なけなしの貯金をはたいて、一時払いで安心を手に入れたのです。

一時払いにすると、貯蓄性も高くなるので、お金に余裕がある人にはオススメです。

子供が生まれて間もない頃に加入することができるのなら、月々数千円からの積み立てで、大学入学時には大きな金額になって戻ってきます。

私の場合は、当時の夫が保険が嫌いだったために、母子家庭になってからの加入になってしまいましたが、出?驍アとなら早いうちに加入しておきたかったです。

今母子家庭の人、お子様の教育費が不安なら、学資保険を探してみるといいかもしれません。

預貯金より有利に準備することができるかもしれません。