画像
画像
画像
画像
画像

学資保険を掛けることのメリットとは

皆さんは、学資保険と聞いてどのような種類の保険であるか思いつきますか。

これ自身は有名な金融商品であるため名前を聞いたことはあっても、自分には関係がないなどという理由でその詳細については知らないという方も中にはいるのではないかと思います。

そんな方のために、ここでは学資保険というのがどのような商品であるのかということと、そのメリットについて私自身の体験を交えながら解説していきたいと思います。

まず、学資保険というのは保険という一般的なイメージとは異なり、自分の払い込んだお金を皆でシェアし、困った人に払うというのではなく自分で払った分は自分が受け取ることのできる金融商品です。

つまり、ある意味では預金と同じということもできます。

ではなぜペイオフという制度によって1000万円まで保護される預金ではなく、学資保険を契約する人がいるのでしょうか。

私の場合には、実質利率が非常に高いということにメリットを感じて契約したのです。

というのも、預金に預けていても現在の日本の低金利政策により利率は非常に低いままですから、ほとんどお金は増えないのです。

一方、学資保険への加入という形の資産形成であれば年率1パーセントかそれ以上の利息を得ることができるのです。

これは私自身が契約している商品の具体的な数値で言うと、子供が生まれたときから18歳の高校卒業まで月払いで払い続けた場合に大学入学時に一括して受け取ることのできる金額は、払込総額のおよそ20パーセント増しになるのです。

これは無視できる金額ではありません。

このように、学資保険というのは金融商品として非常に高いメリットがあるものです。

子供の年齢は12歳まで前後ならばまだ加入できるというケースも多いので、加入していない方は是非加入を検討してみてはいかがでしょうか。

預金によって大学の学費をためる場合よりも非常に効率よく学費を準備するということが可能になるのです。

学費を効率よく準備するために、投資をしてみてはいかがでしょうか。
おすすめはFXhttp://xn--fx-fk1eu00k.ws/です。
FXは自分のペースで始められるので、初めての方でも安心です。