画像
画像
画像
画像
画像

学資保険のデメリットも見据えた上で

子どもが生まれたら、学資保険に加入するのが当たり前だと思っていました。

私たちの親もそのようにして私たちのことを育ててくれていたので、それが親としての義務だと思っていました。

ただ、時代は今のパパ、ママが子供のころとは変わっているようで、以前は学資保険に加入することで利息が付いて大幅に貯蓄を増やすことで来たのですが、近年では払い込む保険料のほうが受け取る給付金を上回ってしまう「元本割れ」という現象が起こってしまうというデメリットがあるということでした。

学資保険についていろいろと調べているうちにそのことがわかり、学資保険の加入自体をやめようかと考え、夫婦で話し合ったこともありました。

確かに貯蓄という意味で考えるなら、医療保障のついているプランだったりすると何も事故がなかった場合、元本割れも考えておくべき事象です。

ただ、学資保険に入ることにメリットがあることも変わりませんでした。

例えば、自分たちでやりくりをするとなるとつい使いすぎてしまって貯蓄がうまくできない、ということがあるかもしれませんが、学資保険ですと自動的に引き落としがされていくので忘れることもなく、引き落としも簡単にはできないので確実に貯蓄ができるという安心感があります。

またやはり、夫や子供に万が一のことや、病気、けががないとも限りません。

そんな時に医療保障があったほうが何かと安心だと思い、また夫の年齢もまだ当時は20代でしたので保険料が安くつくのも決め手になりました。

また子供の年齢も小さければ小さいほど保険料が抑えられます。

元本割れを起こしにくいように年払いにするなど工夫もしつつ、結局話し合いの結果学資保険に加入することにしました。

上の子は医療保障の部分を使ったことはありませんが、下の子は赤ちゃんの時に入院をしてしまったので、保障をうけることができました。

子どもの人生には何が起こるかわからないので、返戻率だけではなく、保障も含めてバランスよュ検討するのが良いと考えています。