画像
画像
画像
画像
画像

学資保険を掛ける金額の適正水準とは

皆さんは、学資保険についてご存知ですか。

これは子供の将来の学費に備えて、まだ子供が幼いうちからきちんとそのお金を準備するための保険です。

そしてこれは保険という名はついているものの、生命保険などのようにいわゆる助け合いの保険、すなわち皆で少額づつ保険料を出し合い、困った人に一括して振り込むというものではありません。

自分で貯めたお金は自分で受け取るという、いわば年金保険のようなものなのです。

この学資保険に加入するメリットとは、利率が高く設定されているということと、保険料払い込み者の死亡時保証があるということです。

つまり、利率を年で1パーセントほど得ることができたり、万一保険料払い込み者である保護者が完全に払い込みを終える前に亡くなってしまった際にも契約した通りの保険金を得ることができるのです。

この面でやはり学資保険というのは保険であるということができるのです。

さて、ここで誰もが悩むのがどのくらいの金額を掛けたらよいのか、すなわち子供の学費はいくらかかるのかということです。

私の場合、子供が複数人いるので特に頭の痛い問題でした。

利率が比較的高く設定されているためできる限り多くの金額を掛けたかったのですが、多く掛ければ掛けるほど負担が大きくなってしまうからです。

そのような点を考えたときに、私は子供には国立大学に行ってもらうということを前提に払い込む金額を決めました。

国立大学であればどこへ行っても学費というのはほとんど変わらないために予定が立てやすいのです。

そして国立へ行ってもらえるように勉強をさせています。

一般的に言っても、これが現実的ではないかと思います。

私立の大学の学費というのは非常に高く、支払うとなると非常に大きな負担となるからです。

つまり、子供には国立の大学へ進学してもらうことを前提にその分の学費を学資保険で掛けるというのが最も理想的であるということができるのではないでしょうか。