画像
画像
画像
画像
画像

学資保険をなぜ解約することになったのか

一人目の子供が生まれてすぐに学資保険に加入したのです。

数年後二人目が生まれた際もすぐに手続きをして、加入しました。

でも今は解約しています。

なぜ学資保険を加入したにも関わらず、解約してしまったのかを伝えたいです。

同じような失敗を他の方はしないとは思いますが、もしかすると同じような二の舞になる方もいるかもしれないからです。

まず一番の学資保険を解約した原因は、あまりにも学資保険の金額が高すぎたことです。

百万や三百万くらいの設定でかけていたら良かったのかもしれないです。

そう思ってもあとの祭りだったのです。

子供がどんな進路を選ぶのか生まれた時点では全くわかりません。

これからどんなキャンパスを歩いていくのか、未知の世界なのです。

そこで大学進学を想定して、四年間の学費と入学金合わせて五百万という金額を設定し、二人共に五百万円ずつ学資保険に加入したのです。

18歳になる年に満期を迎えるようにかけたのです。

もちろん生まれてから18年間あるので、少しずつの金額とはいえ二人で一千万円という金額を貯蓄しようと思うと、とても大きな金額です。

年収も夢のまた夢が片手という少なさで、このような高額な学資保険は身の丈を知らずにかけてしまっていたのです。

でも子供の事を考えるとかけておきたい、実際は保険料が払えないほど四苦八苦して赤字家計だったのです。

そんな思いで五里霧中になり考え込みました。

悪戦苦闘しながらこのまま継続して学資保険を続けるよりも、まずは仕切り直しをする方が良いと判断し解約したのです。

もちろん減額という方法もあったのですが、全てをリセットしてきちんと家計を見直そうと決めたのです。

臨機応変につねに対応出来る家計管理が出来る事、皆がしているからではなく十人十色さまざまな考え家計があるのだから、我が家に応じた方法を考えようと思ったから解約したのです。

解約したお金は本来は子供たちのためにおいておこうとしたのですが、解約金そっくりそのまま住宅の頭金に消えてしまったのです。