画像
画像
画像
画像
画像

学資保険に加入することについて

学資保険を加入しようと思ったきっかけは、自分自身で毎月定期的に貯金をすることが難しいので、学資保険に加入することで、毎月一定額の金額を引き落としている口座に、引き落とし日前にお金を入金しておく必要があるので、強制的に貯金しないといけない気持ちになります。

強制的に貯金しないといけない気持ちになることで、確実に子供の教育資金を貯金することができると思ったことが、学資保険に加入するきっかけでした。

学資保険には、一括で払い込みタイプと私のように、毎月一定額を支払っていくタイプが存在します。

一括で払い込むことにより、毎月一定額を支払っていくタイプよりは、最終的に受け取れる金額が違ってきますが、名義人が契約内の病気になったり、万が一のことが起こると支払いしなくても良くなるため、もしものことを考えると、毎月一定額を支払っていくタイプの方が、得な感じにも思いますが、一番大切なことは、自分の経済状態を考えて加入することです。

学資保険と一言で言っても、色々な保険内容が存在するので、友人やインターネットの口コミ情報サイトで、色々調べることも大切です。

条件により、支払った金額より元本が少なくなる可能性があります。

学資保険をかけることで、元本より少ない金額になってしまったら損をしますので、リスクをしっかり考えて加入する必要があります。

私が加入することで一番のきっかけになったのは、元本より絶対に少なくならないという条件と、子供の医療保険が一緒になっているということに、非常に魅力を感じて加入することにしました。

私が加入した学資保険は最終支払額が約190万円で、子供の18歳の誕生日が満期です。

18歳から22歳にかけて、毎年約40万ずつのお金が、5年に渡り支給されるタイプです。

最終支払額と毎月の支払い額を自分で決めることができたので、余計に魅力的でした。

保険会社からは特にセールスはなかったので、自分で自由に決めることができたので、本当に良かったです。

自分で自由に決めたことにより、納得して支払いができます。