画像
画像
画像
画像
画像

進学の費用の準備にぴったりな学資保険

子供の教育費は思っている以上に高額な費用がかかるということをよく耳にします。

入学金や受験料など必要になる費用はとても高額です。

一度にその高額な費用を用意するのはとても大変なことです。

そのため、子供が生まれた場合には小さいうちから少しづつ教育資金を貯めていく必要があります。

しかし、毎月決まった額を貯めていこうと思っても、なかなか貯めることができないこともあります。

そのような心配が我が家でもあったため、子供が生まれて3ヶ月のときに学資保険に加入しました。

子供と親の年齢が若いほど支払う保険料が安くなります。

学資保険のメリットは、口座から引き落としされるようにしておくことで、自分で何もしなくても引き落とされるのも魅力です。

また、一番魅力的に思ったのが親に万が一のことがあった場合でも学資保険に加入していると、保険料を支払わなくても満期にはしっかり保険金を受け取ることができるというところです。

我が家が子供に加入した保険は、中学入学時と高校入学時に満期の保険金の一割がお祝い金でもらえるというのも魅力でした。

入学準備には、いろいろ費用がかかるのでその費用を別に用意しなくてもお祝い金を使うことができます。

また、途中で必要のない補償ははずすことができるのも魅力です。

保険に加入したときにはまだ子供が生まれて3ヶ月だったので他の保険に加入していませんでした。

どの保険に加入したらよいかもわからなかったため、病気などで入院した場合に補償を受けることができるものが付くものを選びました。

しかし、少し成長してもっとしっかりと補償を受けることができる保険に加入したため、この学資保険につけていた入院補償を取り除きました。

入院補償をはずしたことによって、月々支払う保険料も少し安くなります。

また、毎月保険料を支払っている場合に比べると、年払いにすると少し金額が安くなります。

そのため、加入する場合に一番お得になる支払い方法を確認してみることがおすすめです。