画像
画像
画像
画像
画像

進学費用を貯めるために学資保険を利用する

私には子供が二人います。

子供が生まれてからお金を使うことが多くなったと実感しています。

下の子が幼稚園ですが、授業料が高く大きな家計負担になっています。

上の子は小学生ですが、幼稚園に比べると学校に支払うお金は少ないのですが、塾などを考えると余裕がありません。

子供が大学に行くとなると、大きな資金が必要であるため、今からお金を貯めないといけないと思っていたのですが、家計に余裕が無いため貯蓄がほとんど出来ない状況が続きます。

どうすればお金を貯められるかと考えたところ、学資保険を利用すれば良いという結論になりました。

学資保険について調べると、貯蓄型と保障型があることがわかりました。

貯蓄型はお金を貯めることを重点にしており、返戻率が高いので支払った以上にお金が戻ってきます。

お金を積み立てて貯蓄をしている感覚で、銀行に預けるよりも利益となって返ってきます。

保障型については、死亡保障や医療保障などがついており、貯蓄とともに子供の保障も兼ね備えているため、メリットがあるように感じます。

しかし、保障が付いている分返ってくるお金が減ってしまいます。

私はとにかく貯蓄を優先したいとこうことで、余計な保障は一切ないシンプルな学資保険として、返戻率の高いものにしました。

強制的にお金を積み立てていくので、効果的にお金を貯めていくことができます。

余ったお金を貯蓄しようと考えていると、家計に余裕がないので貯蓄をしていく自信が無く、実際に貯まっていきません。

学資保険の支払いは大変ですが、大変な状況の中で家計のやりくりをするので、なんとかなるものです。

学資保険は契約者に万が一のことがあれば、保険料が免除になるので、確実に進学資金を受け取れることになります。

満期の年齢も設定できたり、金額の設定ができたりするので、苦しい家計状況の中、無理なく支払える金額設定にできます。

子供が小さいうちから計画的に資金を蓄えていくことは大事なことだと感じます。