画像
画像
画像
画像
画像

生まれた時からコツコツと学資保険で貯めて将来に備える

子供は生まれた時から成長し、学齢期が来ると決まって教育資金が必要になります。

そのころになってあわてても教育資金は貯める事は出来ないのです。

小学校、中学校、高校、大学と上に行けば行くほど教育にお金もかかるようになってくるのです。

その時のためにコツコツと貯めることができる時期に少しずつ貯めていくのが、学資保険です。

かんぽ生命だけでなく、各保険会社でも扱っています。

貯蓄だけでなく保険と言う意味では、基本的に契約者が亡くなった場合はそれ以降の掛け金も免除されるのも魅力の一つです。

また色々なパターンで各社の商品が出ています。

我が家の場合は、子供が大学に行く時までに貯めることを主な目的にしたのです。

大学の入学金その他が莫大な費用がかかると知っていたからです。

まず月々の支払いが負担にならない保険料を決めました。

それほど大きな金額でなくても、年数を重ねるとかなりのまとまった金額になります。

積み立てや定期預金でもよかったのですが、やはり契約者である主人が亡くなった時の事も考えると学資保険の方が有利です。

案の上、小学校にあがるとおけいこ、中学では部活、塾、高校でも塾と教育にかかるお金は増える一方でした。

このような状態で、更に教育資金を貯めて行くことはたいへんな事です。

子供が生まれてすぐもお金がかかりますが、大きくなるとやはりもっとかかるようになると言うのが現実です。

どんな親でも子供には十分な教育を受けさせたいのが親心です。

折角大学に合格しても資金がなくては、子供も気の毒です。

我が家の場合は、大学の入学金やその他に学資保険を使いました。

もちろん全てを学資保険で賄ったわけではないのです。

ただやはり学資保険があったおかけで、助かったのは事実です。

現在は少子化で、多くのお子さんが大学に進学します。

生まれた時から、将来の大学に備えて教育資金を貯めていくことは親としての大切な役目でもあります。

現在は各社いろいろな学資保険を揃えています。

ご家庭のニーズに合った学資保険を選び、将来に備えることは子供の夢をかなえるためにも必要な事なことです。