画像
画像
画像
画像
画像

学資保険は加入して損はないです

学資保険の存在を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。

結婚して子供が生まれたら、学資保険の加入に関して考える人も増えてくるのではないかと思います。

実際に、自分の場合も同じでした。

結婚した時には、学資保険の存在は知ってはいましたが、自分には関係のないものと考えていました。

子供ができて将来、子供の教育費のためにもまとまったお金が必要になってくることを考えると、貯金ではまかなえないと考え、学資保険に加入しようと決めました。

毎月の保険料は、貯金に回しても同じような感じもしますが学資保険のほうが支払った金額よりも多くの金額が戻ってくるように設定されています。

少しでも多くお金をもらったほうが、ただ貯金しているよりもいいと考えた結果、学資保険に加入することにしたのです。

また、ほかにも学資保険のメリットはあります。

ただの貯金の場合は、いつでも使える状況にあるため、なかなか貯まっていかないことも懸念されました。

貯金をするということは意外にも難しく、困難なことも多いのです。

しかし、保険なら貯まっていくお金は途中で使うこともできないので、必然的に貯蓄されていきます。

そして何よりも、保険というもののメリットとして加入するきっかけになったのが、保障の面です。

契約者は保護者になっていますが、その契約者に万が一の事が起きた場合には、その時点で支払わなければならない保険料はなくなり、その上で子供が一定の年齢に達したときには保険金がもらえるというものです。

養育者に万が一のことがあれば、保険料を支払うことも難しくなってきます。

その点が保障されているのでとても安心して加入することができるのではないでしょうか。

子供が生まれてすぐには、なかなか考えられないことかもしれませんが、万が一の保障つきでもあるこの保険は、加入するならできるだけ早い段階で加入することをお勧めします。

さまざまな種類の保険がありますが、自分のニーズに合った保険を選択することが必要です。