画像
画像
画像
画像
画像

学資保険を始める時に失敗しない選び方

子供が生まれる事は大変喜ばしい出来事です。

しかし子供に掛かる養育費・教育費等の子供を育て上げるために掛かる金額は2000万円から3000万円とも言われています。

特にその割合を大きく占めるのは教育費が大きいです。

子供が大学に行くか行かないかでも変わってきますが、医大などになるとさらに多額のお金が必要となります。

親としては経済的な問題で子供に進学を諦めさせたりはしたくないものです。

そこで登場するのが学資保険です。

学資保険を掛けておけば入学等のお金が掛かる時期に合わせて祝い金等が出ますので、慌ててお金を工面しなければならないようなことになって困ることがありません。

私も長男が生まれた時に妻と相談して学資保険を掛けました。

その時に色んな保険会社の商品を見比べて、保険について勉強しました。

その時に得た知識を少し書きたいと思います。

学資保険と言っても様々な商品があります。

上記で書いた祝い金のことを中心に考えていくならば返戻金の戻り率が高い商品を選ぶ必要があります。

これは保険満了まで継続して保険を掛けていた場合に戻ってくる金額の割合です。

銀行の利息がついて返ってくると想像して頂けたらわかりやすいと思います。

この返戻金の戻り率が100%を超える商品は、保険満了まで掛けていた保険金より多くお金を受け取れるので、貯蓄性に優れた保険と言えます。

もちらん銀行の定期預金などを利用するのと同じ事と言えますが、銀行の利息より高い戻り率の商品を選べば、その分お得と言えます。

また保険を掛けるメリットとしては、毎月保険料を支払いますので、その分は支出として考えることが出来ますので、家計をやりくりする上で貯金と違って下したり出来ない分、ある意味強制力が働くのがメリットだと考えます。

将来に備えて少しでも多くの教育費を用意したいと考えた場合、返戻金の戻り率の高い商品を選ぶことです。

最後に保険の契約時は契約書の隅々まで細かく確認することをおすすめします。