画像
画像
画像
画像
画像

初めての学資保険で失敗しない選び方

子供に掛かる養育費・教育費は、子供を育てあげるまでに2000万円から3000万円掛かると言われています。

その大半を占める教育費の準備に役立つのが学資保険です。

私も子供が生まれた際に妻と相談して学資保険を掛けました。

その時に調べた色んな保険会社の商品と勉強して得た知識を、ここで少し書いてみたいと思います。

学資保険とは上記で書いた通り一般的には教育費を準備するための保険です。

入学などでまとまったお金が必要な時期に祝い金が出ますので、急にお金を工面しなければならないといったようなことにはなりません。

ですが、学資保険にも様々な商品があり、最近は特約がついた商品などが目立ちます。

例えば怪我や病気で入院した際に保険金が出たりするものです。

所謂医療保険などと同じ内容を学資保険に加えてあるというものです。

これだけ見ると大変お得な感じがしますが、実はこういった商品のほとんどが返戻金の戻り率が100%を下回ります。

返戻金の戻り率とは、保険満了まで保険を掛けた場合に戻ってくる金額の率です。

これが100%を上回れば、掛けた金額より多くの金額が戻ってくることになります。

ではなぜ戻り率が100%を下回るのかというお話です。

上記に書いた通り、医療保険と同じような内容を特約で追加している分、返戻金の戻り率が減るということです。

しかしその分、怪我や病気なども手広くカバーできますよ、というのが売りの商品になります。

つまり返戻金の戻り率が高い商品のように『貯蓄性』は高くありませんが、いざという時の『保障』が厚い商品と言えます。

将来の教育費に備える学資保険。

貯蓄目的で返戻金の戻り率が高い商品を選ぶのか、貯蓄性は高くないが手厚い保障がある商品を選ぶのか。

これはその各家庭の事情にもよりますし、ケースバイケースだと思います。

各家庭に合った商品を選ばれるのが良いと思います。

最後に保険契約時には、契約書を隅々まで読んで理解することをおすすめします。