画像
画像
画像
画像
画像

大学入学の際に学資保険は強い味方になる

子供の教育費はうなぎ上りの状態です。

少子化が進む中子供にかける親の期待も大きく、子供のためならいくらお金をかけても惜しくない状態にあります。

しかし、そんな子供のためのお金も大学入学にかかる金額はかなり高額になります。

家計から捻出できる金額ではなく、貯蓄に余裕がなければ捻出できない金額になります。

毎月の家計のやりくりに大変な状態の中で大学進学のための貯蓄まで回らないのが現実です。

このような方には無理にでも貯蓄できるシステムである学資保険を利用することで、大学進学の費用を捻出することができます。

学資保険は貯蓄性を考えると決して利率に魅力があるわけではありませんが、保険と同じ感覚で払い続けることで、何十年と払い続けることができます。

貯金なら家計に余裕がない時についつい手を出してしまいそうですが、保険となれば簡単に払い戻しできません。

また、父親に万が一の事があればその後の保険料の支払いも必要なく保険性と貯蓄性の両方を兼ね備えた商品になります。

地道にしっかり貯金できる方なら他の貯蓄性に優れた商品の利用の方が価値はありますが、私のような意志の弱いタイプは学資保険を利用することで、満期時にまとまった金額を手にすることができます。

今年大学受験をむかえる子供がいる我が家は大学進学の費用に不安がありました。

学資保険があるので、当面はなんとかなりそうでなんとか今すぐに困ることはなさそうです。

大学進学のすべてを学資保険で賄うことは難しいですが、まずは最初の入学時に必要なお金を用意できそうなだけでも気持ちが楽になります。

学資保険を支払っているときは支払が大変で解約を考えた時もありましたが、今となっては頑張って支払続けて良かったと感じています。

子供の教育費は計画的に用意しておかないと年齢が進むにつれて大変になります。

貯金が苦手なタイプの方はぜひ学資保険を利用して大きな教育費が必要な時期を乗り越えると良いです。

また、万が一お子さんがお墓に入る事になった場合にはhttp://xn--hos.asia/http://xn--cks419dgnf10qinq.com/のサイトをご覧ください。