画像
画像
画像
画像
画像

親が健康なら加入可能な学資保険

子供のことを第一に考え驍ゥらこそ学資保険加入を希望し、15年間や18年間もしくはそれ以上の長期学資保険を備えておきたいと考えていた。

しかし、子供に恵まれないときには夫も私も仕事が順調で収入も安定していたが、いつしかお互いに仕事を辞めてしまい正社員ではなくなってしまった。

そんな時に子供が授かり生まれてきた。

とても可愛いわが子の為に月々の積立式学資保険に加入したいと思っていたけれど、安定していない仕事をしていると支払いできるかどうかがわからないという現実がある。

そこで何年間か積立することは諦め子供の為に自分達だけでお金を貯金することにした。

いつしかまとまった金額になり資金を使わない為にもどこかに預けるようにしたいと色々な金融機関を歩き回っては学資保険の資料を探していた。

いくつもの資料を手にしながらどこが良いのか検討しまとまった金額を一括で納入する金融機関を見つけた。

すぐに手続きを開始して貰い15年満期で保障を買うことにした。

15年後ならば子供は18歳になっているから、色々なことにお金がかかることもわかっているし夏期講習や冬期講習の申込みにも十分役立てることが可能だと判断した。

学資保険は、親が健康という条件があり私が契約者で加入することができた。

健康という言葉は、普段使うことがないけれど加入するには第一条件になる。

これで安心して資金を15年間預けておき子供が成長し何に使うかわからないけれどいつでも用意できるようにした。

あれから1年しか経過していないが、親が元気な時に加入できた学資保険は今もずっと残っている。

だが、我が家では夫婦二人とも病気になってしまいもう学資保険に加入するには条件が合わなくなってしまっている。

それでも、まとまった金額で子供の保障を一つでも多く入っておくことができたというだけで満足しているし、別な資産運用で資金を増やしていくことも検討するという前向きな考え方を持つことができている。