画像
画像
画像
画像
画像

学資保険に加入して将来の学費の確保をする

子供が生まれて、すくすくと健康に育ってくれるかも心配なことですが、その他にも心配なことといえば、子供の教育資金です。

お金をかければかけるだけ、多くのお金が必要となります。

まず幼稚園に入れるだけでも、私立なのか公立なのかによって必要な金額が異なります。

また、地域によっては公立幼稚園がない場合もあります。

そこで、子供が生まれてまだ間もないうちに、学資保険に加入することを検討しました。

まずは目立った数社から学資保険の見積もりを取ったり、パンフレットを収集しました。

保険会社によって、支払われるトータルの金額だったり、利率だったり、タイミングによって支払われる金額が異なるという違いがありました。

高校と大学入学時にまとまったお金が支払われるケースや、幼稚園や小学校・中学校の入学時にもお金が支払われるケースもありました。

また、高校・大学入学時に支払われるケースでも、満17歳で支払われるのか、満18歳で支払われるのかという違いもあり、これは新たな発見でした。

我が家の子は早生まれなため、満18歳の支払ではすでに試験が終わっている可能性があるため、支払のタイミングは満17歳で行うことのできる保険会社に加入することを考えました。

子供が一歳になる前に学資保険の加入を検討して、一歳になってすぐに学資保険に加入しました。

そこから毎月一定の額が引き落とされています。

子供が、少なくとも高校と大学に入学するときにはまとまったお金が必要なので、定期的にお金を引き落としてもらって、強制的にためてもらうという学資保険のシステムはとても助かります。

自分たちでお金をためておければ問題のないことですが、やはりお金があると使ってしまうので、強制的に引き落とされるほうが自分には向いていると感じました。

また、学資保険によっては、子供の医療保険もセットになっているものがあり、ここの内容によって学資保険そのものの掛け金が異なってくるのだと勉強しました。

また、結婚披露宴について詳しくはhttp://xn--h1s64a26mrz3awb1a.name/を参考にご覧ください。