画像
画像
画像
画像
画像

学資保険の種類とその選び方について

学資保険には2つ加入している。
家には子供が2人いて、6歳の男の子と2歳の女の子だ。
6歳の男の子は2歳の時にソニー生命に。
下の女の子は0歳の時に富国生命の学資保険に加入した。
学資保険は様々な種類がある。
貯蓄を重視をしているタイプ、子供の医療を重視しているタイプ、また受け取りも学校に入学する度にお祝い金が出るタイプや高校卒業までまったくお祝い金がないタイプもある。
さらに払込みも短期してしばらく置いておいてさらに貯蓄性を高めるなど、きりがない。
まず貯蓄重視という事でネットで調べてみたら、ソニー生命・富国生命・アフラックの3社が有名らしい。
その3社で比較をしてみたら、2歳で加入して途中で祝い金を受け取ると思ったほど返戻率が良くない。
であれば高校入学時点まではまったくお祝い金を受け取らずに、貯蓄率を高めたタイプだとソニー生命が一番良かったので、加入した。
感想としてはまず商品が多すぎて選び方が難しいと感じた。
結局貯蓄なのか医療なのか、その両方なのか目的をはっきりする必要があると感じる。
2人の子供については上の子と違い、0歳からの加入であり、また途中で色々お金がかかる事も想定して、途中で祝い金が出るタイプで、最も返戻率が良いタイプを選択した。
そうすると今度は富国生命になった。
キティちゃんのキャラクターをメインに使用しており、女の子には良いイメージを持った。
そういう中身以外のキャラクターも選ぶ時には一役買うという事が実感できた。
学資というと、やはり貯蓄のイメージがある為、終身保険も学資の代用が出来ますといわれて提案された。
10年間で払込みを終了すると、15年後くらいには100%を超えるという。
かなり選ぶ人もいるとの事で検討をしたが、途中でやめた場合の戻りが少なすぎる場合もあるようで、加入するには至らなかった。
学資は将来の子供為の貯蓄であることから、普通に貯金をする以外に一つは加入していた方がよいと思う。
例えば契約者貸付等、急な出費の際に活用できる。
実際にソニー生命でそれを利用したが、即振込をしてもらい、スピード感ある対応で非常に有難い。
今となれば学資の金額をもう少し上げておけばよかったと感じる。