画像
画像
画像
画像
画像

生命保険とともに学資保険の見直し

学資保険は子供が生まれてから即加入しました。
そのまま進学する時まで学資保険をかけておくつもりだったのですが、先日生命保険の見直しをするためにファイナンシャルプランナーと面談をする機会に恵まれたのです。
そこで保険の事をいろいろと聞く内に、考え方が少し変わってきたところもあり、学資保険の見直しをしようと考えたのです。
貯蓄重視の学資保険に加入していたのですが、もっと効率よく貯める方法も知ったのです。

しかし解約するにはどれかに偏るような貯め方も怖いということもあり、金額なども含め学資保険自体を改善したのです。
それまで加入していた学資保険は、小学校、中学校そして高校の入学時に十万ずつそして大学進学と同時にまとまった金額である三百万円が降りるような学資保険に加入していたのです。
しかし今回見直しをして、小学校や中学そして高校の入学時におりる保険は一切無くしました。

大学に入学する年にのみおりるような保険に見直しをしたのです。
もちろん生命保険も一部いらない部分を削ったり、加入していない部分を増やしたりしながら見直しをしたのですが、ファイナンシャルプランナーのプロの意見を聞くと保険全般の見直しにも役立ち、改めてシンプルだけれど効率の良い保険に切り替える事が出来たのです。

家計費も潤い、生まれた頃に雰囲気に流されるまま加入していたのですが、ライフプランを定期的に見直し改善することの重要性を改めて感じることとなったのです。
私のような方結構多いと思います。

どんな保険でも一度加入するとそのまま毎月、毎年支払っていて内容確認をしないという方にこそ、この機会にぜひどんな保険に加入しているのか、もっと良い保険や効率の良い貯め方、時代に応じた商品なども多数あるので、検討の余地があります。

これを機に年に一回は現在の家族状況を見ながら、家計全般の流れそして保険も含め改善策があるかどうか、確かめていきたいと思いました。