画像
画像
画像
画像
画像

貯蓄型の学資保険ってどういうものなの?

子どもが生まれたときから考え初めていただきたいのが、将来の教育資金です。
子ども1人を育てるのに、3000万円かかるとも言われている現代では、早期からの教育資金の積み立てが非常に大切になってきます。
できることなら、毎月少しずつでも子どものために積み立てをしていくことが必要となります。

しかし、中には貯蓄がどうしても苦手だという方もいらっしゃると思います。
また、貯まった分をついつい引き出してしまって、別のことに使ってしまうかもしれないという不安を持っている方もいらっしゃることでしょう。
そんな方にオススメなのが、学資保険を利用して貯蓄をするということです。

学資保険は、毎月一定の金額を支払っていき、満期時に支払った金額をまとめて受け取ることができるというものです。
銀行の定期預金などと違うのは、保険ということで契約者である親に万が一のことがあったときは、保険料の支払いを免除することができるということです。
また、銀行に預ける場合は、ついつい「毎月の予算が余ったら貯金しよう」とか、「ちょっと今月苦しいから引き出そうかな」ということがありがちです。
その点で学資保険ならば、強制的に口座から引き落とされ、更に保険を解約しない限りは、満期になるまでは支払った金額を受け取ることができません。
そのため、貯蓄が苦手だという方が教育資金を貯めたいというときには、非常におすすめなのです。

ただ、学資保険は途中で解約してしまうと支払った金額よりも少ない金額しか返ってきません。
そのため、これまで積み立ててきたものが無駄になってしまいますから、もしも契約するのであれば毎月の支払い金額を、無理のない範囲で設定することが大切となります。

ソニー生命の「学資保険スクエア」は、満期金額を50万円から1000万円の間で10万円単位で自由に設定することができます。
そのため、少額でもとりあえず子どものために貯蓄をしてあげたいと思っている方でも、気軽に始めることができるのです。
また、払いこんだ金額よりも受け取る金額の方が高くなる、返戻率も高いということで定評があります。
そのため、途中解約さえしなければ、元金を確実に増やすことができるため、お得度も高いため、貯蓄を目的に学資保険に加入しようと思っている方には特にオススメですよ。