画像
画像
画像
画像
画像

学資保険の満期はいつにすれば良いか

学資保険の満期の年齢というのは、基本的には大学入学時である18歳に設定されていることが多いです。
中には、早生まれの子どものために、17歳満期を選べる学資保険もあります。
というのも、18歳満期の場合は、18歳の誕生日を迎えなければ保険金を受け取ることができないため、3月に生まれた子の場合、18歳満期にしてしまうと大学入学までに保険金を受け取ることができない可能性があるのです。
そのため、早生まれの子は17歳満期を選ぶようにすると安心かと思います。

そして最近では、20歳の成人時や、大学を卒業する22歳に満期を迎えるように設定できる学資保険も増えてきました。
そういったタイプのものは、保険金を成人のお祝いとして活用したり、社会人デビューのときに活用したりすることができるため、人気が高いようです。
特に最近では、大学院へ進んだり、海外留学をするという子どもも少なくないため、そういった可能性を考えて22歳満期に設定するという方法も有りだと思います。

しかし、20歳満期や22歳満期というのは、本来の「教育費のための」という点からは外れてしまっているようにも思えます。
もちろん活用の幅が広がるという点では、そちらを選択しても良いのですが、満期のタイミングをいつにしようか迷ったならば、大学入学時の17歳・18歳に設定しておくことをおすすめします。

ソニー生命の「学資保険スクエア」という学資保険は、満期時期を17歳・18歳・20歳・22歳の4つから選ぶことができます。
そのため、早生まれの子どもであっても17歳満期に設定しておけば、大学入学までにしっかりと保険金を受け取ることができます。
また、20歳・22歳の満期設定であっても、大学入学時にも進学資金として一時金を受け取れる設定もあるため、大学の入学金等の準備も安心です。

満期保険金の設定も、50万円から1000万円までの間で10万円単位で自由に設定することができるので、子どもの将来を考えて柔軟な保険金額設定をすることができます。
他の学資保険との併用として、少額を掛けておくという方法もおすすめですよ。